ブラックな勤務先を見極める方法

ブラックな勤務先には、固有の性質が見られます。これは、看護師の勤務先にも共通する点で、雇用環境や就労条件は個々の看護師の仕事に対するモチベーションにも大きくかかわるため、大変重要な要素です。
ブラックな職場を見極める術としては、収入があります。勤務時間や担当する職務の質、個々の看護師としてのキャリアなどを総合的に検証した際、収入が平均的な金額よりも低い場合は理想的な勤務先とはなりません。また、勤務年数の割りに給与が低く残業代が支払われない・フルタイムで働いているにも係わらず正当に評価されない勤務先の場合も、新たな雇用先を検討する一つの目安となります。そして、ブラックな勤務先の特徴としては、看護師としてのキャリアアップに支障を来たす要素も挙げられます。とりわけ、一定の期間にわたり同じ部署で勤務しているにもかかわらず、責任のある仕事を任せられないなどの要素は、看護師の勤務先としては理想的ではありません。このような職場の性質としては、職務の範囲が曖昧で役割分担がその日によって違うなど、専門性の高い看護技術に習熟していくためにも、不利な要素となってしまうことが大半です。
看護師として成長して行くためには、継続して同じ職務に携わり専門性の高い知識を習得していく事が大切だと思います。責任のあるポジションで新人指導などにも係わり、仕事の幅を広げていく事も不可欠です。そのため、看護師の職場として、これらの要素を多分に含むかどうかを検証することが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です