ブラックな職場での対応策

ブラックな職場の典型的な要素として挙げられるのが、パワハラです。看護師の職場でも、新人への指導や教育が過剰になり、パワハラとして捉えられてしまうケースが多く見られます。看護師として将来的な成長を促すような指導内容である場合には、厳しい指導でもパワハラとして捉えられる事も少なくなります。しかし、職務上の地位を盾に過剰な暴言を吐いたり、精神的に負担となるような仕打ちが見られる場合は、ブラックな要素を持つ職場となってしまいます。これらの要素を持つ就労環境である場合には、看護職を遂行する上で、それぞれの立ち振る舞いに細心の注意を払わなければなりません。
厳しい上司への対応策としては、その上司と良好な関係性を築けている同僚を介して接する事も大切で、女性ならではの日常的な会話などを取り入れながら、頻繁にコミュニケーションをとることが効果的です。この行為が、上司との人間関係を改善していきます。また、上司から厳しい指導を受けた際、そのミスを再度繰り返さない事も重要です。医療現場では些細なミスが大事故に繋がる事があり、患者の生命を左右する大きな問題へと発展してしまう可能性も秘めています。そのため、上司からの厳しい発言は真摯に受け止めて同じ間違いを繰り返さないようにし、看護スキルの向上に励む事が不可欠です。これらの肯定的な振る舞いは、看護スキルの向上にも役立ちます。優れた人材として認められることで、パワハラを受ける対象から外れることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です